BLOG 「gratitude」

待ち望んだリビングリノベーション!「新月伐採葉枯らし天然乾燥材」

築150年古民家。手をかけたらかけただけ、よみがえっていきます。

それが味わいとなり、生き吹き返す。

お客様が集うリビングの床、杉板でリノベーションを希望していました。

急遽、整う!ってこういうこと。今回スペシャルな出来事が!!!

三重県美杉村で生産される「新月伐採葉枯らし材」で仕上げていただけることになったのです。

大人気の数か月待ちの床板が奇跡的に早く調達されて!

木こりさんによって管理された山で、新月期に伐採、葉っぱをつけたまま、じんわり乾燥していく杉の木。

NPO法人もりずむさんによって、なんと2年の時を経て、何工程もかけながら、天然乾燥され、建築資材になるそうです。

寝ころびたくなってしまう杉板。自然の流れを感じながら、セラピー効果とあたたかな肌触りにふれてみてください。

生産者の方、大工さん、皆さんの愛のこもった、気持ちいい空間。美しく元気になります。

一段と居心地のいいLaKamioになったはず。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP